相続税の相談はどこへすればいいの?

相続税の相談ってみんなどこでしてるの?税理士でいいのかな? - 相続税の相談は税理士へ

新着情報

◆2015/06/22
相続税の相談は税理士への情報を更新しました。
◆2015/05/25
相続税がかかる財産の情報を更新しました。
◆2015/05/22
相続税の仕組みについての情報を更新しました。
◆2015/02/20
サイト更新者の情報を更新しました。
◆2015/02/13
相続時の精算課税の選択についての情報を更新しました。

相続税の相談は税理士へ

相続税は不動産や株のように、ある程度の資産を引き継いだ際に支払い義務が生じる税金です。数十万〜数百万円であれば支払い義務はほとんど生じませんが、マンションや一戸建てのように、それ単体で数千万の価値がある資産引継時は注意が必要になります。また相続税は役所で手続きをしなければいけないため、つい忘れがちなこともあるでしょう。資産の種類が多いほど相続の手続きは複雑化しますし、相続税も相対的に増えていきます。
このように面倒な相続税の手続きを自分でおこなうのは難しいものです。場合によっては、税理士へ手続きを委任することも検討するのが良いでしょう。税理士は税金に関するプロフェッショナルであり、相続税も例外ではありません。相続税のことを税理士に任せてしまえば、こちらでおこなう手続きはほとんどなくなります。
また、税理士は相続税に関する相談にも乗ってくれます。相続に関しての悩みやトラブルがあれば、一度相談してみるのも良いでしょう。心理的負担も減らせますし、今後どのようにすべきかアドバイスをもらえます。相続関係で悩んでいる方は、税理士へ相談することをおすすめします。
また、相続そのものに関してのトラブル時にも対応してもらえます。相続は権利を巡って泥沼化するケースが多く、裁判沙汰になる場合も決して珍しくはありません。このような時、一度税理士へ相談すればアドバイスをもらえるでしょう。相続税に関することであれば、まずは税理士にアドバイスをもらうことが重要です。

ghgyuku
相続税はさほどなじみのない税金の一種かもしれません。しかし、故人から資産を相続した場合、ある一定額以上に達すると納税対象者になってしまうことがあります。資産の額によって相続税は大きく変わりますので、なるべく節税することが望ましいと言えます。しかし、相続税は資産に対して課税される税金となっており、節税といってもあまり思い浮かばないかもしれません。相続税を節税する方法は、いくつか考えることができます。税理士法人チェスターは相続税申告をお手伝いします。あなたのお悩みを一緒に解決しましょう。
まず思い浮かぶのが資産の売却でしょう。資産を売却すれば現金化できるため、一見すると相続税の節税に繋がるように思えます。しかし、資産の種類によっては別の税金が発生する可能性が潜んでいるのです。例えば株式のような資産を売却した場合、売却益については一定割合の税率がかかります。そのため、実際に相続する場合と比べて節税効果が薄れる、または逆に損をしてしまうこともあります。不動産も同様で、売却した際の利益に関しては税金を取られてしまうことがあるので注意が必要です。
ほかの税金の納税義務が発生する可能性から、相続税を節税したいのであれば、なるべく資産は現金化せずに持っておくのがよいでしょう。不動産のように、資産の種類によって資産価値は刻々と変化します。もし資産を手放したくなったのであれば、生前贈与について考えてみると良いでしょう。生前贈与は相続税を節約できる可能性があります。不動産や預金などの資産は、生前贈与を検討するのがおすすめです。

Copyright(C)2015 相続税の相談はどこへすればいいの? All Rights Reserved.